HONDA MOTOCOMPO 2



世紀の超非力マシン・モトコンポの弱点を克服すべく誕生した、
「スーパーモトコンポ」こと、「モトコンポ2」である!
ボディ・フレームなどはモトコのまま、エンジン・足回りをLiveDIO ZXに換装したもので、
別名をライブモトコンポともいうが、愛着をこめて私的に「モトコンポ2」の称号を与えたものである。
オートバイ店「モトガレージ・トモ」さんに頼みこんで製作してもらった、完全なワンメイク品であるが
その改造はエンジンクレードル作成に始まり、フレーム各部の強化まで施すに至っており、
仕上りは"BRAVO!!"の一言に尽きる。
数あるDIOシリーズの中でも、走行性能においてズバ抜けたスペックを持つZXをベースにしているため、
シリンダーなどの心臓部分は敢えて手を入れず、耐久性、安定性を重視した設計となっている。


左にもモトコ純正のミラーを装着し両耳仕様となっている。
一見してモトコらしからぬズ太いマフラーが目を引くが、
それに合せて吸気系・冷却ファン・キャブレターなども
強化され、ハイパワー化に寄与している。
スタンドは、フレームと合わないため、エンジンに
直接マウントされるサイドスタンドのみとなる。
ノーマルモトコとのツーショット。
エンジンサイズなどから、一回り背が高くなっているが
上部のモトコ本体はそのままのサイズである。
ガソリンタンクはモトコ純正の2.2L入りであるため、
航続距離が極端に短いのが最大の難点である。
(パワーもすごいが燃費も悪い・・・12〜15km/Lくらい?)
足回りは全て、ライブDIOのものが使用される。
タイヤも8インチから10インチにアップされるとともに
フロントブレーキはディスクブレーキ化されており、
SHOWA製サスとあいまって強力な制動力を発生する。
フェンダーは、モトコ元来のものを利用しているが、
白い反射テープがワンポイント。
正規の整備工場で製作し、新たに登録申請をして取得した
黄色ナンバープレート、つまり第二種原付車である。
その証として、テールランプ上部に白三角が光る。
故に、運転には二輪免許が必要とはなるが、
その代りに法定速度30km/h制限から開放され、
モトコの新たな世界を体感させてくれるのである。
(左上)
MOTOCOMPO2のロゴは、「2」の部分が自作。
個人的に、いい出来だとか思ったりしている。

(右)
ライディングポジションは、ノーマルよりもやや高め。
ステップ位置の関係で、ハンドルと膝が近い感じ。

(左下)
ハンドル折畳みは、一応健在。ただしキャブが
DIO用なので横倒しは不可に・・・。
スピードメーターは、デイトナ製オド付に変更している。
7.2hp(ノーマルの約3倍!)のエンジンパワーを活かし、
パワーフィルター使用時にはMAX75km/hをマークする。
通常使用時は甲高い吸気音を抑えるため、
高速のノビを捨ててノーマルフィルターに換装しているが、
それでも平均60km/hの巡航が十分可能である。

セルを装備(!)しており、なんとライトのon/offスイッチに
その機能が持たされている。(ライトは常時点灯式)


モトコ2は、かなりのジャジャ馬である。
DIOと違ってホイールベースが非常に短く、
パワーウェイトレシオも格段に上がっていることから、
ご覧のとおりの「ウィリーマシン」になっているのだ。
油断をしていると、たちまち振り落とされる羽目に・・・。


01.01.01.up → 05.11.13.refine