HONDA Today 4stroke



ホンダの新機軸原付バイク、「トゥデイ」です!
エコの時代とも言われる21世紀初頭の2002年にデビューした
このトゥデイは、スクータータイプの50ccミニバイクながら
新開発4ストローク単気筒エンジンを搭載している。
ピークパワーこそ、同クラス2ストのオーバー7psには及ばないものの、
4スト特有の粘り強いトルク感を重視し、加速・登坂能力ともに問題なし。
レーサーではなく公道を走る「足」としては、充分以上の性能と言えるし、
50km/L近い低燃費+オイル代節約、低騒音+低排ガスを考えれば、
従来の2スト原付から乗り換える選択肢として、有力な候補となってきている。
そして今、先代ミントの後を受け継ぐべく、わが家にもトゥデイがやって来た!


全体的にオーソドックスなデザインであるが、このやや懐古的な形には訳があった。
基本的に、一般女性ユーザーをメインターゲットにしたタウンユース機の設計であるが、
生産ラインの合理化によって、ビジネス機としてのシェアも狙ったデザインだったのである。
メロゥな黄色い機体からはちょっと想像つきにくいが、グレー系のボディにオプションのウインドシールド(風防)を付けたら、あら不思議。→→→→→
名機・カブシリーズの新型みたいですねー!
チャームポイントの大きな目(ライト)も、セパレートパーツのくちばし(フロントフェンダー)も、タウン⇔ビジネスを兼用できるデザインだったのですね。
なるほどのな〜。
なお当機装備ののリアボックスは、アフターマーケットの後付けです。
(正規オプション品ではフロントバスケットを用意)










フロントビュー:
やっぱり大きな目が
注目の的!










リアビュー:
結構スリムボディ。
渋滞もOK?



すばらしいほどシンプルなメーター回りである。
速度計のみの一眼式メーターには、速度警告灯と燃料警告灯が点くのみ。
だがそんな中にもひとつだけ、面白いアイデアが採用されている。
オドメーターの千の位に注目。 写真ではオレンジ地に白字が表示されているが、
普段は一〜百の位と同じように黒地に白字なのである。
千の位の「0」から「9」までのうち、「1」、「4」、「7」だけがオレンジ色なのだ。 なんでだろ〜?
それは、初回1000km走行時と以後3000km走行毎の、エンジンオイル交換時期を示しているのだ。
つまり、メーターにオレンジ色が出てきたら、オイル交換をしましょうってこと。
これも4ストならではのことだけど、ちょっとしたアイデアがグゥですね。


最近のバイクに装備され始めた新機能が
これ、盗難防止用のキーシャッターだ。
もちろんシャッターを開けるには、鍵が必要。
従来はキードラムをこじって破壊され
盗まれるケースが非常に多かったが、
エンジンオン/オフ、ハンドルロックのほか、
トランクオープナーも集約したことで、
大幅なセキュリティアップが図られている。

シート下には、メットイントランク。
大容量というほどでもないが、フルフェイスが
すっぽり収まる、手ごろなサイズである。
左記のとおり、集中ロック式でのみ開き、
同時にフューエルリッドも兼ねているので、
万が一の盗難後にも給油されることはない。
地味だけど、結構大事なことですね。


トゥデイには、やっぱり街並みが似合う。
赤いレンガを敷いた歩道に寄せて、ちょっとお買物・・・ってところ。
                           (ロケ地・横浜関内)





販売店配布用のパンフレットから。 右は4ストを表す"クリーンフォーユー"マーク。
もちろん4ストであることが一番のセールスポイントだが、トゥデイのウリはそれだけではない。
新車での実勢価格98,000円(本体)と、10万円を切るリーズナブルさでもライバルを一歩リード。
また、多くのユーザーにアピールするために用意されたボディカラーは、驚きの10色(多すぎ!)。
そのおかげか、結構な台数が売れているにもかかわらず、同型同色の機体とはほとんど出会わない。
それぞれのカラーは、「シグマグレーメタリック」「シリウスブルーメタリック」「アンタレスグリーンメタリック
「キャンディルーシッドレッド」「パールプロキオンブラック」「オリオンイエロー」「イプシロンブルーメタリック
パールキャンサーホワイト」「スピカピンクメタリック」「トーラスグレーメタリック」と、星座名がつけられている。
ちなみに、パンフレットにはモーニング娘。(ただし16歳以上のメンバーのみ5人)が起用されていた。






・青・と3色揃った!  シグナル・シスターズよん。


04.01.01.up